食事面で気をつけること

すっきり爽快気分の女性

 

腸内環境をよくしたい、と考えている方は多いと思います。何せこのストレス社会、堂々と胸を張って「私の腸は健康そのもの」といえる方の方が少数派ではないでしょうか。

 

そこで、腸内環境をよくするために、食事面ではどのようなことに心がければよいのでしょうか。まず基本として、腸内環境をよくするためには、悪玉菌を減らし、そして善玉菌を増やしていく必要があります。

 

腸の中の悪い物質をできるだけ外へ出し、そして良い菌を増やしていくことで、腸内の環境が良くなり、そして免疫力もアップするのです。

 

いわゆる腸内フローラの状態をよくするんですね。菌のお花畑は、色とりどりの花があってこそ初めて美しく見えるものです。

 

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすためには、乳酸菌などを幅広く取り入れることが必要です。たとえば、乳酸菌が入っている飲み物であったり、さらには乳酸菌飲料などがおすすめです。

 

限定ヤクルトがすごい

乳酸菌飲料でいえば、つい最近話題になった「ヤクルトレディからしか買えないヤクルト」がありますね。

 

ヤクルト400

商品名は「ヤクルト400」。ヤクルト開発の乳酸菌「シロタ株」がスーパーなどで売っているものでは約150億個含んでいるのですが、このヤクルト400はその名の通り400億個含んでいるのです。

 

まあ150億も400億も天文学的数字なのでどっちも十分すごいでしょ、と感じますが、やはり善玉菌の数が圧倒的な分効果も強いようです。

 

普通の乳酸菌とちがい胃酸で死なず腸まで届くので、劇的な効果があるとニュースを賑わせました。

 

【参考】⇒ヤクルト公式サイト「シロタ株.jp」

 

さらに、腸内に宿便が貯まってしまわないように、消化を良くする必要があります。そこで、食物繊維などを取り入れたり、野菜などを取り入れることも重要ですね。

 

ですので、これらの乳酸菌飲料などを食後に飲んだり、さらには献立にもバランスよく果物や、野菜などを取り入れていくことで、腸内環境は改善していくといえるでしょう。

効果的な運動方法は

運動をする女の人

 

腸内環境を良くするには、運動などを適度に取り入れるということが非常に大切です。

 

まず、運動を取り入れるためには、どういった運動がいいのか、というと、まずは 腸腰筋であったり、さらには大腰筋などといったインナーマッスルなどを鍛える運動が理想的であるといえるでしょう。

 

これらの筋肉を鍛えるような運動であったり、さらにはストレッチなどは、腸の運動を活発にしてくれるといわれています。こうした運動は便秘にも良いといわれています。

 

また、ウォーキングなどをすることもおすすめです。ウォーキングをすることで、まずは血の巡りなどが良くなります。ですので、体にたまっている毒素であったり、さらには老廃物などを外に出してくれるという働きがあります。

 

しかし、これらの運動は無理してしまうとストレスとなってしまい、逆効果になってしまうこともあります。無理なく続けられる範囲で続けていくということが、こうした腸内環境をよくし続けることができる方法です。

質の高い睡眠で改善する

普段の生活の中でも、質の良い睡眠というのは、非常に大切と言われています。しかし、こうした睡眠は腸内環境とも密接に関連しているのです。

 

なぜ、関連しているのか、というとまず、睡眠不足となってしまうと、腸の働きが鈍くなってしまい、消化物などから便などをつくる働きと言うのが、鈍くなってしまうのです。

 

こうしたことから、腸内環境が乱れてしまったり、また便秘になってしまう可能性が少なくありません。最低でも睡眠時間というのは、7時間はとるように心がけるようにして、また夜ふかしなどはやめるようにしましょう。

 

そうすることで、腸内環境は改善していきますし、また便秘なども改善していくとされています。

 

また、夜寝る前に、インターネットであったり、テレビなどを見て楽しんだりする人もいますが、質の良い睡眠をとるためには、こうしたことを控えることが非常に大切です。

 

特に最悪なのが「寝っ転がってのスマホ」。これをやる方は多いと思いますが、寝る前に光る液晶を見続けると脳が覚醒し、熟睡を妨げます。

 

政府も警鐘を鳴らす

2014年に改新された厚生労働省の睡眠指針でも「メールやゲームなどに熱中すると、目が覚めてしまい、さらに、就床後に、長時間、光の刺激が入ることで覚醒を助長することになるとともに、そもそも、夜更かしの原因になるので、注意が必要」と触れられています。
【参考】⇒厚生労働省「健康づくりのための睡眠指針2014」

 

睡眠はいちどリズムを崩してしまうと、なかなかもとに戻すのが大変になってしまいがち。「最近眠れてないな・・・」という方は、自分自身の睡眠環境を一度冷静に見直してみるということからスタートしてはいかがでしょうか。